パラペットは株式会社クラレが製造販売しているメタクリル樹脂(PMMA)成形材料の登録商標です。
HOME > 技術情報 > 「パラペット」の射出成形条件
技術情報
「パラペット」の射出成形条件
射出成形条件は成形機の種類、金型の構造、成形品の形状により変更が必要ですが、参考として下表のとおり「パラペット」の主な銘柄の標準成形条件を示します。

項目 GF HR−L GR
予備乾燥 (℃)
  (時間)
75〜80
4〜6
75〜80
4〜6
75〜85
4〜6
75〜85
4〜6
金型温度(℃) 40〜60 40〜60 50〜80 50〜80
シリンダ温度(℃) 190〜230 180〜220 200〜250 220〜260
射出圧力(MPa) 60〜140 60〜140 80〜140 70〜150

(1) メタクリル樹脂は、吸湿し易いので必ず予備乾燥が必要です。吸湿したペレットで成形すると、シルバーストリーク、フローマーク等の不良現象が生じます。
(2) 異物混入すると成形品の美観を著しく損ねますので、成形室内の防塵、開封時の異物除去、機械内外の清掃を十分行って下さい。
(3) GRグレードは、成形直後、成形品の温度が高い場合、白濁することがありますが室温まで冷えますと透明になります。また、射出速度が速すぎると成形品の表面光沢が低下することがあります。